白いにごり湯

白いにごり湯 那須温泉のはじまり…西暦630年、狩野三郎行広が狩りの際、子牛ほどの白い鹿を射損じて追っていたところ、鹿の湯あたりで見失ってしまいました。呆然としていると白髪の老翁が現れ、「我は温泉の神なり汝のたづねる鹿は向こうの谷間の温泉に居れり。その温泉は萬病を治し、萬人の痛苦を救うべし。ゆめゆめ疑うべからず、鹿の入りしも其の矢傷を癒さんが為なり。」と言い残し去っていったそうな。言われて通りに訪ねてみると、本当に射損じた鹿が傷を癒していたという。その後神託の如く温泉を開いて「鹿の湯」と称したのがはじまりと伝えられており、以来1370年以上経った現在も、こんこんと湧き続けています。

千慈の湯 

寝湯

横になって手足を伸ばして寝る浅い
湯舟が特徴。長湯したいときにオススメです。
高血圧、低血圧、不眠症、痔症、月経異常、
冷え性、カリエスに効きます。

かぶり湯

浴槽に入る前に前かがみになって、
頭をタオルで覆い汲んだ湯を
後頭部から首筋に約200回ほどかぶります。
入浴による脳貧血や入浴初期の
血圧上昇を防ぎます。

若鹿の湯

打湯

滝のように落ちてくる湯に
肩や腰を打たせる湯。
頭痛、肩こり、神経痛、抹消神経症、リウマチに指圧と同じ効果があります。
打湯の後は、寝湯で休んでください。

腰湯(半身浴)

やわらかな湯気を吸いながら入浴すると
体の芯からゆっくりと温まります。
心臓及び気管支疾患、高血圧にやさしい
入浴法で、便秘や冷え性に効果的です。

家族風呂

ご宿泊のお客様は無料で
ご利用いただけます。
1回40分を目安にご利用ください。
予約は受け付けておりませんので
ご了承下さい。

源泉名 鹿の湯・行人の湯混合源泉
泉質 酸性 含硫黄‐カルシウム一硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)
泉温 68.4℃ 水素イオン濃度 pH2.5
適応性 神経痛、くじき、切り傷、筋肉痛、慢性消化器病、慢性皮膚病、関節痛、痔疾、慢性婦人病五十肩、冷え性、動脈硬化症、運動麻痺、病後回復期、高血圧症、関節のこわばり、疲労回復、糖尿病、うちみ、健康増進

入浴マナー

◆源泉68度の温泉を少しずつ浴槽に入れ、36~42度程の温度に自然に冷ましております。循環なしの100%かけ流しです。24時間入浴可能ですのでお好きなときにお入り下さい。

◆強酸性のため、金(純度の低いもの)・銀製品は化学反応を起こし変色いたします。御入浴の際アクセサリー等にはご注意下さい。

◆浴室は男女入替制にしております。

◆家族風呂は1回40分を目安にご利用ください。ご予約はお受けできません。ご了承ください。

◆とちぎにごり湯の会に加盟しています。 http://www.tochigi-nigoriyu.com/  ※ご入浴のみのご利用も可能です。お気軽にお問い合わせください。